カラートリートメントについて

今回は【カラートリートメント】の使用方法について説明していきます。

 

カラートリートメントって何?

という方もいらっしゃると思うので、まずはそこから。

 

簡単に説明すると、トリートメントにカラー剤が配合されているものですね。

そのまんますぎるw

ただカラー剤と言ってもブリーチとかではなく、「染料」だけが入っています。
(染料の説明すると長くなるので省略します)

 

なので使うたびに少しづつ髪に色が入っていきます。
カラーシャンプーも同じ原理ですね。

 

さて。
先日の質問でもあったのですが…

 

「カラーしていない髪に使っても色がわかるのか?」

 

答えは…

【わからない】です。

正確にはほぼわからないでしょうか。

使うもの(カラーバターのような濃いもの)によっては光が当たった時にほんのりわかると思うのですが、室内ではそこまでわからないと思います。

 

何故か?

 

仮に使用した色味を「赤」とします。

黒い紙に赤い絵の具で塗るのと、茶色い紙に塗ると考えるとわかりやすいと思います。

要はこういうことですね。

 

名称未設定-1

 

なので、カラートリートメントはカラーをされてない方には不向きなのです。
(白髪には使うものや髪質よって色が入ります)

 

ベストな使用方法としては…

  • カラーの色落ち防止
  • Wカラーなど、すでに色が抜けきったところに色を入れる
  • 少しでも髪を傷ませたくない方

 

デメリットとしては、染料の性質上…

  • 色落ちが比較的早い
  • 色味によっては、汗などで衣服に色移りする場合がある(バスタオルとかも)
  • ビビットな色味を使い続けると、カラーチェンジが困難な場合がある。

といったところでしょうか?

酸性カラーやマニキュアと似ていますね。

 

使用目的も各社様々で…

  • トーリートメントに微量に染料が入ってるトリートメント効果特化型
    (日々の褪色を遅らせる)
  • 染料がたっぷり配合されている色味特化型
    (色味がしっかり入る)

と、各社様々なカラートリートメントがありますので、自分にあったものは美容師さんとよく相談してみましょう。

 

ご参考までに〜

 

関連記事