【お客様からの質問】なんでリタッチって早いの?

こんにちは〜

新潟市古町の美容室、ディセンタージュの樋口です。

 

 

お客様から質問されたのですが、

「なんでリタッチってすぐ終わるの(流すの)?」

※新しく生えてきた根元の部分のみカラーすること

IMG_1885

 

はい。

説明しましょう。

 

リタッチをされるお客様の場合、カラー剤を塗り終わってすぐ、か5分ぐらいで終わるのですが、普通カラーって塗り終わってから20分程度時間置かれますよね?

 

何故か??

 

そもそもカラー剤の染色システムは、髪を明るく(ブリーチ)しながら、同時に色を入れていく(発色)という2つの作用が行われます。

(金髪とかにするブリーチ剤には発色作用は無い)

IMG_1636

 

で、この【発色】というのが今回のポイント。

 

大体カラー剤の持っている染料を発色させるためには、15分〜30分程度時間置かないと100%発色させることができないのです。

※カラー剤によって5分〜15分で完全発色するものある

(それ以上時間おいても変化することはなくダメージに繋がるだけ)

 

リタッチはカラーされている方が、伸びてきた根元の黒い部分をカラーすることですよね?

IMG_1883

毛先の部分の前回カラーした部分は、褪色して色が抜けている状態ですよね?

ということは、根元部分のカラー剤は完全発色させる必要がないのです!

 

例えば…

前回ピンク系でカラーしました。

今回はリタッチ。

毛先部分の前回のピンク系カラーは色が抜けている状態。

で、そのまま前回と同じピンク系のカラー剤で根元をカラーします。

そこで根元のカラー剤を100%発色させてしまうと…

 

根元だけピンク系に!!

なんてことに。

※実際は、毛先の褪色度合いで時間調整したり、カラー剤を変えたりしております。

 

 

ということで!

発色させる時間が必要ないので、通常のカラーよりも施術時間が短いのです〜!!

 

ご参考までに!!

 

LINE ID:higu_masa(ご予約・アフターケア・ご相談)
※返信が遅くなる場合がありますのでご了承ください
Facebook
Twitter @higumasa0813
Instagram higumasa0813
申請&フォローお気軽にどうぞ〜

DECENTAGE hair make(ディセンタージュ)
新潟市中央区古町通7番町1001−1
025-201-7385

関連記事