休みの日に東京行ってきたよって話し。

こんにちは。

新潟市中央区古町の美容室、ディセンタージュの樋口です。

 

さて、先日のお休みに東京までお出かけしてまいりました。

 

まず最初は…

国立新美術館で行われている、『ルーブル美術館展』へ。

IMG_4274

母親が画家を生業にしていたのもあって、幼少の頃よく美術館に連れて行かれたりしてたんですよね。

それの影響なのか結構好きなんですよ、美術館。

 

と言う事で今回の目玉作品!

初来日となる、フェルメール作「天文学者」しっかり見てきました!

スクリーンショット 2015-05-20 17.45.10

率直な感想は…

「ちっちゃっ!!」

思ってたよりも小さかったのに驚きでしたね。

40×60ぐらいですかね?

でも生で見ると、なんと言うか迫力が違うんですよね。

「教科書で見た事ある有名な絵」補正というのもあると思うのですが…

左手を中心に構成されているのが個人的にポイントかなと…

 

 

スクリーンショット 2015-05-20 17.42.56

あと、好きな画家の一人でもあるレンブラントの作品が1点しかなかったのがちょっと残念。

しかしこの光線が凄まじいインパクト。

 

スクリーンショット 2015-05-20 17.43.18

この絵は「画家は目の前にあるものをそのまま描くのは猿まねと同じ」というメッセージが込められているそうです。

様々な解釈の仕方があると思いますが、色々と考えさせられますね…

 

しかし今回初めて国立新美術館行ったのですが、広さと大きさにびっくり。

IMG_4272

めっちゃ素敵な建築物。

IMG_4275

黒川紀章氏設計。

さすが日本を代表する建築家ですね。

 

そしてそのままもう一つの目的地へ。

IMG_4276

 

そうです。

舞台「幕が上がる」

主演ももいろクローバーZ!!

IMG_4305

ここで同じくももクロファンの友人と合流。

IMG_2424

この右の方ですね。

左は嫁です。

写真は以前ライブビューイング行ったときの

 

今回舞台というものを初めて見たのですが…

映画やドラマとは違う、リアルならではの緊張感。

笑いあり涙あり。

最高でした。

 

というか、今回の脚本家でもある「平田オリザ」さんの演出がそうさせるのか、思っていた「舞台」とは全く印象が違いましたね。

平田オリザの演劇の外見的特徴として「ときに聞き取れないようなぼそぼそした声で喋る」「役者が客席に背を向けて喋る」「複数のカップルの会話が同時進行する」(同時多発会話)などが挙げられる。
また、登場人物たちはただただ舞台上で淡々と会話を続けていく。これらはみな、「人間の日常はドラマティックな出来事の連続ではなく、静かで淡々とした時間が多くを占めるが、人間のそのものの存在が十分に劇的であり、驚きに満ちている」という理念から来ており、これまでのありのままの日本語から乖離した演劇理論を見直して、日本人のあるべき自然な言葉を舞台上に再構築し、それを見つめ直していこうという意思が込められている。この様な演劇スタイルを、何公演も繰り返される舞台で安定して実現するために、勘や偶然だけに頼らず、秒単位で動きを計算する手法などがとられる。
Wikipedia

かなり独特な?というかよりリアルな演出なんですよね。

とても面白かったです。

 

いやー、あとは今回ちょうど開催していた『レッドブルエアレース』にも行きたかったのですが、時間的に合わず断念…

1 (4)

生で見てみたかった!

また日本で開催されるのを待ってます!!

 

 

次回グルメ編!!

 

 
LINE ID:higu_masa(ご予約・アフターケア・ご相談)
※返信が遅くなる場合がありますのでご了承ください
Facebook
Twitter @higumasa0813
Instagram higumasa0813
申請&フォローお気軽にどうぞ〜

DECENTAGE hair make(ディセンタージュ)
新潟市中央区古町通7番町1001−1
025-201-7385

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015-05-20 | Posted in 全記事一覧, 樋口真彦のBLOGNo Comments » 

関連記事