浴衣を着る時に必要な小物について

こんにちは〜

新潟市古町の美容室ディセンタージュの斉藤です!

浴衣の季節ですね〜ということで、

浴衣を着るのに必要なものを紹介します!

(斉藤の私物ですみません)

IMG_6165

左上から順番に。

  • 浴衣、半幅帯。これがないとまず無理ですね。まれに忘れる方がいらっしゃいますww
  • 肌着。浴衣の下に着るものです。右の方はウエストに巻きます。写真は二つに分かれているタイプですが、スリップになっているものもあります。これがないと浴衣の生地が薄いものや白っぽいものだと透けてしまうこともあるのであった方がいいですね。なければ長めのキャミソールなどでもOK。
  • 腰ひも。2〜3本あれば十分です。
  • タオル。これがあった方がひもが締め付けすぎなくて楽に着れます。
  • 伊達締め。着崩れ防止になり、浴衣を綺麗に着付けられます。なければ腰ひもだけでもOKです。
  • 帯板。帯がしわにならず、綺麗に着ることができます。夏用のメッシュ素材などもあります。
  • 下駄。写真に入れ忘れました・・・

これが揃っていれば完璧です!!

 

こんなに用意できないと言う方は、腰ひも3本と、浴衣の下に着るスリップかキャミソールだけはご準備ください。

そのほか、帯揚げや帯締め、兵児帯などあればお持ちください。

浴衣を着る予定の方は参考にしてみてください☆

Facebook
Twitter @decentage_saito
Instagram hitomi_saito
申請&フォローお気軽に!

DECENTAGE hair make(ディセンタージュ)
新潟市中央区古町通7番町1001−1
025-201-7385

ネット予約はこちらから

 

 

 

2015-07-30 | Posted in 全記事一覧, 斉藤仁美のBLOGNo Comments » 

関連記事