「傷みにくいカラー論」学んできました!

皆さんこんにちは!

新潟市中央区古町の美容室、ディセンタージュの順奈です(@^O^@)

昨日の定休日は、カラーのセミナーを受講してきました〇*

今回の講師はCANAANの長崎英広氏。

東京で美容師をしながらも、カラー剤を開発したり、本の出版をしたり、ヘアショー等、幅広い活動をされている方です!

しかもセミナー活動も国内だけではなく、海外でも講師をしているそうです( °_° )

そんな長崎英広氏の今回のセミナーは、「傷みにくいカラー論」ということで、しっかり学んできました!!

まずは早速モデルさん(新生毛2cm、白髪率20%)で実際にカラーしながら説明をしていただきました✍

さて皆さん、カラーをすると何が原因で髪の毛が傷むか知っていますか?

カラー剤の中に『アルカリ』というものが入っていてこれが原因で髪の毛がダメージを受けるんです。

このアルカリの数値が高いほどキューティクルが開きやすく、色が入りやすいというメリットがあるのですが、そのぶん髪へのダメージが大きくなるのがデメリットです(T_T)


そこで髪の毛のダメージを少なくしたいという方に微アルカリカラー、ノンアルカリカラーというものがあります!

これらはアルカリの数値が低いので、ほとんどダメージがありません!が、そのぶん黒髪を明るくすることにはあまり向いていません。

なので髪の毛のダメージが気になるという場合、根元の伸びてきた黒い部分は普通のカラー剤(アルカリ性カラー)で染めて、毛先の傷んでる部分はノンアルカリカラーで染める というふうにカラー剤を使い分けることもできます!

ちなみにディセンタージュのカラーは「ダメージを95%抑えるトリートメント」を使用してるので併用で効果倍増です◎!

モデルさんのカラーが塗り終わり、時間を置いている間は「デザインとヘアのコントロール」ということでスクリーンを使ってお勉強。

大人ブレンドカラーの技術を学んできました!

これは

・明るさや色味の両立

・白髪も隠せる

・肌の色が綺麗に見える

・質感向上、色持ちも良い
などのメリットがあるカラー技術です☆

今までは白髪染めと聞くと黒く、暗くしなきゃいけないのかなぁ〜なんて思ってまだ我慢している方もいらっしゃったかと思いますが、今は白髪を隠しながら明るさ、色味等のデザインの選択肢があるので安心してカラーができます♪

さて!先程のモデルさんが仕上がったようなので近くで見させていただきました!

明るいアッシュなのに白髪もきちんと染まっています(^^)

中をめくってみても綺麗に染まっています。

というような感じで今回もかなり勉強になったセミナーでした!

講師の長崎さんがとても魅力的な方で終始楽しく笑いが止まらなかったです︎︎︎︎☺︎(笑)

ありがとうございました!!!




ディセンタージュでもカラーモデル募集していますので佐藤順奈まで連絡くださいっ!

詳細等は下記ブログ、または聞いていただければ何でもお答えします✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

よろしくお願いします🙏

: Incorrect URL specification.

LINE : pink_10 ( カラーモデル、サロンモデル絶賛募集中です! )

※返信が遅くなる場合がありますのでご了承ください。

●ディセンタージュの公式アプリが出来ました!

新潟市の美容室 DECENTAGE〈ディセンタージュ〉

●LINE@からご予約・アフターケア・ご相談承っております。

LINE@:@decentage

※返信が遅くなる場合がありますのでご了承ください


DECENTAGE hair make(ディセンタージュ)
新潟市中央区古町通7番町1001−1

025-201-7385

関連記事