簡単にできる!髪をキレイに保つ方法!

こんにちは〜

新潟市古町の美容室ディセンタージュの斉藤です

お肌にはいろいろ気を使うのに髪にはあまり手をかけないという方も多いはず!

髪が短いと特に手を抜きがちに
髪が短いからといって自然乾燥していませんか?
冬は室温が高いので放っておくと乾いてしまうこともありますよね。

ドライヤーは髪が傷むと思っている方が多いのですが・・・

5fb5515e78953c09abb8bc263279f579_s

ドライヤーの熱で髪が傷むということはほとんどありません!!
自然乾燥の方が髪を傷める原因になっています

自然乾燥をしてしまうと・・・

キューティクルが開きっぱなしになるのでそのまま寝てしまうと枕と擦れて髪が傷んでしまいます!(髪を半乾きの状態でまとめるのもダメ!)
そして頭皮が乾いていないと雑菌が繁殖して嫌な匂いやかゆみの原因になる場合も。

髪や頭皮にこんなことが起こっているかと思うとゾッとします。

375476efa9bcddfd09ef6b04a0efe32f_s

髪を洗ったら、まずドライヤーで完全に乾くまで乾かしましょう!

他にもあります簡単にできる方法!!

◯市販のシャンプーは使わない。
市販のシャンプーは、洗浄力が強いものが多いので髪と頭皮に必要な皮脂や水分を取り去ってしまいます。自分の髪質にあった美容室専売品を使うことをおすすめします。

こちらも参考にしてみてください
【顧客様向け】シャンプーの選び方!

◯乾かす前に洗い流さないトリートメントをつける
髪を紫外線やドライヤー、アイロンからの熱から守ってくれます。つけているだけで指通りも良くなるので髪が絡むことも少なくなり、ダメージしにくいまとまりの良い髪になります。

おすすめはコレ!オッジィオット セラムCMCミルキィ

スクリーンショット 2016-03-08 12.47.06

髪の補修効果に特化した洗い流さないトリートメントです。

 

◯バランスの取れた食事と睡眠をとる
髪にとって、食事や睡眠はすごく大切です。偏った食事や睡眠不足で髪が細くなったり薄くなったりすることもあるので注意しましょう。

◯アイロンやコテなどはやり過ぎない
毎日欠かせないという方は多いと思いますが、できれば140〜160度で何回も同じ所に当てないこと。やり過ぎると毛先が切れてしまったり、縮毛矯正やパーマがダメージしすぎてうまくかからなくなってしまいます。ヘアビューロンをお使いの方は安心して使って大丈夫です☆

 

長くなりましたが・・・

使うアイテムは良い物を選びましょう。
シャンプーやトリートメントも大事ですがドライヤー、アイロンなども間違った使い方をすれば髪は傷みやすくなります。

自分にあったものがわからない場合はご相談ください

Facebook
Twitter @decentage_saito
Instagram hitomi_saito
申請&フォローお気軽に!

DECENTAGE hair make(ディセンタージュ)
新潟市中央区古町通7番町1001−1
025-201-7385

ネット予約はこちらから

ネット予約で予約不可の場合でも、メニューによっては受付できる場合があります。
お電話にてご連絡ください。

関連記事